本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




管理栄養士から

はるかぜでは、「食べられるお口づくり」をモットーに日々ケアに取り組んでいます。
毎日の口腔ケアは、月に一度歯科衛生士さんの指導を受けながら続けています。
食事ケア委員会においても、これからの課題は、利用者様一人ひとりへの個別アプローチだと考えています。
小グループでのレクリエーションや個別メニューには、口腔機能改善が期待でき、ゲーム感覚で楽しめるものを取り入れることをすすめています。
もちろん、食事においても四季の食材や献立を組み込んだメニューを提供し、「元気になったお口」で食事を楽しんでいただけるよう皆さんのお手伝いをしていきます。

Copyright(c) 医療法人社団 あけぼの All Rights Reserved.