本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




施設ケアマネから

はるかぜでは、利用者様の自立を支援しています。


自立と言っても難しく考える必要はなく、介助を必要としていてもその中で少しでも自分でできることが増えていくことと考えています。
ベッドで排泄していた方が、二人介助でトイレに座れるようになり、体力・筋力アップの訓練を行い、手すりを持って立てるようになり1人介助でトイレに移乗できるようになる・・・といったように少しずつ一歩一歩できることが増えていけるよう支援しています。
そのために、医師、看護師、介護士、リハビリスタッフ、管理栄養士、支援相談員、薬剤師、施設ケアマネジャーそれぞれがそれぞれの立場で専門的な意見を持ち寄りサービス提供をしています。それを総合的に援助できるようチームとしてまとめ、より良い援助ができるようサービス計画書を作成しているのが施設ケアマネジャーの仕事となります。  

サービスを提供していく中で、ご利用者様が元気になり体も心も自立に向けて前向きに施設生活を送れる、延いては在宅生活が送れるようになることが私たちスタッフの目指しているものです。

Copyright(c) 医療法人社団 あけぼの All Rights Reserved.